1. ホーム
  2. 院長コラム
  3. “消したい傷あと” 形成外科的にすすめる傷あとの修正

院長コラム『Dr.原口のご存じですか?』

“消したい傷あと” 形成外科的にすすめる傷あとの修正

過去のケガ、にきび痕、事故によるケガ…
多様な原因で、傷あとの状態も人それぞれにちがいます。
形成外科を手がける原口クリニックには、「傷あとを消せますか?」という形成外科的な質問も多く寄せられます。子どものころのケガを原因とするものや、スポーツや仕事中にできたもの、交通事故などの大きな事故によるものなど、人によって傷のできた原因はさまざま。何かの手術を受けた際にできた傷あとを消したいという人や、ニキビや水疱瘡による肌のダメージ痕を消したいという人もいます。
どうしても消したい傷あと。その悩みを解消していくためにも、まずは傷あとにはどういうものがあり、形成外科的にどのような解決を図っていくのかについて考えてみましょう。

状態によって、傷あとにはいろいろな種類があります。
◇高さによって区別
陥凹瘢痕(へこんだ形状の痕)/等高瘢痕(平らな形状の痕)
肥厚性瘢痕・瘢痕ケロイド(盛り上がった形状の痕)
◇形によって区別
線状瘢痕(切り傷でできた痕)
弁状瘢痕(皮膚がめくれたようなU字様の傷に囲まれ、中央が膨らんだ形状)
面状瘢痕(ヤケドなどにより広範囲にできた痕)
◇表面の状態によって区別
平滑瘢痕(つるつる光沢感のある痕)/凹凸瘢痕(デコボコした痕))
◇症状によって区別
掻痒性瘢痕(痒みのあるもの)/有痛性瘢痕(痛みのあるもの)
無症候性瘢痕(症状のないもの)
◇機能の面から区別
拘縮瘢痕(関節や眼瞼・口唇の自由縁にひきつれがあり、運動障害を起こすもの)非拘縮瘢痕(ひきつれのないもの)

できた傷あと、なかったことにはならない…
でも、現状より目立たなくすることは可能です!
「傷あとを消せますか?」の質問について形成外科の面から答えるならば、まったく何事もなかったかのように修復できる、と言うことはできません。ただし、現状よりも目立たなくさせることは可能です。ひきつれがない状態ならば、傷あとの修正も比較的有利。現状の目立つ傷をきれいに切りなおし、丁寧な縫合を行うことによって改善を図っていきます。

修正手術で、きれいで目立ちにくい傷あとに
傷を再度きれいに切りなおし、縫合しなおすことで、傷あとをきれいに作り変えることはできます。この際にムカデのような縫いあとを残さないようにするためには、もちろん高度な縫合技術が必要になります。縫合の方向も重要なポイントです。形成外科で「Z形成術」「W形成術」と呼ばれるジグザグに縫合する方法で、効果的に改善する場合もあります。

傷あとにとって重要なのは、初期の保存的治療
通常、傷は受傷してから安定するまでに3ヶ月ほどかかります。ケガをした直後は、創(傷口)周辺のダメージ具合もはっきりしません。そのため、修正は傷口の安定する時期を待って行います。
ただし、この間にもしなければならないことはあります。最小限の修正で済むように、この間保存的な治療を行っておくことが大切です。保存的治療には、テーピング・圧迫療法や、外用薬(軟膏)・内服薬・注射等の薬物療法があげられます。

傷あとの修正の相談に来る人で、
初期治療時の傷の保存的治療が十分でなかったケースも少なくありません。

ひきつれができている場合の修正治療は
ひきつれができている場合は、傷あとを切りなおすとひきつれていた部分がもとに戻るので、自動的に傷が伸びます。そのため、修正後の傷あとも同様に長くなります。機能的に改善させるために、「Z形成術」「W形成術」と呼ばれるジグザグ縫合を行ったり、状態に合わせて皮膚移植を行ったりすることもあります。

傷あとの修正手術を行ったら
術後の後療法は重要です。テーピングや圧迫療法、薬物療法など、経過を見ながら適時に行っていきます。

※次回は、傷あとに関する相談のなかでも多い「ケロイド」についてです。

次のコラムへ

前のコラムへ

院長コラム一覧へもどる

Get Started

形成外科・美容外科・美容皮膚科

原口クリニック

福岡市博多区博多駅東1-12-5
博多大島ビル3F

<専用フリーダイヤル>

0120-016-460

ページの先頭へ