1. ホーム
  2. 院長コラム
  3. 皮膚にできる腫瘍いろいろ Part.5 「老人性色素斑」

院長コラム『Dr.原口のご存じですか?』

皮膚にできる腫瘍いろいろ Part.5 「老人性色素斑」

皮膚にできる腫瘍のなかで、発症する方の多い腫瘍について連載を重ねています。今回は年齢によって発生率が隔たるタイプのもので、高齢になるほど多く見られる腫瘍についてご紹介します。

顔・手の甲に急にシミが増える!
紫外線の影響でできる『老人性色素斑』

いつまでも若いと思っていたお母さんやお婆ちゃんの顔や手の甲に、急にシミが目立ちはじめ老けたと感じる瞬間は、誰もが経験するものではないでしょうか。このシミは、紫外線によってメラニン細胞が増加してできるもので、一般に『老人性色素斑』や『年寄りジミ』と呼ばれています。顔などの露出する部位に、褐色の色素斑が大小さまざまな形となって現れるのが特徴です。

『老人性色素斑』の治療はシミの正体である色素を薄め、目立たなくさせることが目的です。

<老人性色素斑の治療法>

  • 凍結療法(ドライアイスや液体窒素などを使用)
  • レーザー照射治療
  • ケミカルピーリング
  • 美白(漂白)クリ-ムなど

シミの症状が進むと『脂漏性角化症』に。
形状の変化も進むので、しっかり治療を受けて!
老人性色素斑ができて、これが進行していった場合、一体どういう状態になるのでしょうか。現実には、老人性色素斑の症状が進むと、皮膚の老化に起因する『脂漏性角化症』に移行することが少なくありません。脂漏性角化症とは、一般に『年寄りイボ』と呼ばれるものです。顔面や頚部、躯幹にできやすく、ゆっくりと増大・増加していく性質を持ちます。

脂漏性角化症の症状をチェック!
“黒いネックレス”ができていませんか?

脂漏性角化症の症状を患う中高年の女性は多く、またそれに伴う肌状態に悩むケースも少なくないようです。(首の場合)

  • 初期の症状
    首の周りに小さなブツブツができます。
  • 症状が進行
    ブツブツが増えると、色素によって黒っぽいネックレスをしたような状態に。
    首の周りにたくさんできるイボを、『アクロコルドン』や『スキンタッグ』と言います。

黒く大きな腫瘍状になることも。
きちんと診断を受けたほうが安心です!
脂漏性角化症は、大きくなると衣服についたボタンのような形状、ざらついた表面をした黒い腫瘍となることがあります。見た目にも皮膚のガンである基底細胞癌や悪性黒色腫と似ているので、しっかりと診断することが必要です。

『脂漏性角化症』の治療は 腫瘍の大きさにより処置。悪性かどうかの検査も大切です。

<脂漏性角化症の治療法>

  • 額・こめかみにできる小さな隆起程度
    凍結療法/炭酸ガスレーザー照射治療/単純切除など
  • 腫瘍が大きい場合
    外科的に切除し、悪性か否かを検査(※悪性の場合は、早期に二次的治療を行う必要があります)

将来のために、若いころからお肌に気配り。
紫外線カットも肌を守るのに効果的です!
老人性色素斑、脂漏性角化症とも、皮膚の老化が根本的な原因です。時間を止めることはできません。しかし、2番目の原因である紫外線から皮膚を守ることは可能です。中高年になったときの予防のためにも、若年のうちから肌の健康に気を配りはじめることはとても大切です。

老人性色素斑(年寄りシミ)、脂漏性角化症(年寄りイボ)ができてしまったとお悩みの方は、形成外科・皮膚科でご相談ください。

前のコラムへ

院長コラム一覧へもどる

Get Started

形成外科・美容外科・美容皮膚科

原口クリニック

福岡市博多区博多駅東1-12-5
博多大島ビル3F

<専用フリーダイヤル>

0120-016-460

ページの先頭へ