1. ホーム
  2. 院長コラム
  3. 皮膚のできもの(皮膚腫瘍)Part.1 「粉瘤」

院長コラム『Dr.原口のご存じですか?』

皮膚のできもの(皮膚腫瘍)Part.1 「粉瘤」

ずっとある“おでき”、“しこり”に注意
 いつできたのかは分からないけれど、前から“おでき”ができて、そのうち治るかなと放っておいたら“しこり”になって最近目立つようになってきた。思い当たることはありませんか?このような“おでき”、“しこり”は「粉瘤(ふんりゅう)」と呼ばれる皮膚腫瘍であることがあります。

「紛瘤」とは?
 「粉瘤」はアテローム、アテローマ、表皮嚢腫などの別名があり、表皮でできた袋状のできもの(腫瘍)を指します。皮膚と連続した部分には黒い点状の穴があり、袋の中に貯留したペースト状の内容物が出てくることがあります。脂肪の塊といわれることがあるようですが、実際には脂肪ではなく、角質(いわゆる垢)と皮脂が混ざったものになります。





「粉瘤」の症状は?
 感染していないときは、比較的境界がくっきりした丸いしこりとして触れます。しこりの表面に黒い点状の穴がある場合は、しこりの部分を強く圧迫すると、銀杏のような悪臭のあるペースト状の内容物が押し出されることがあります。感染すると赤く腫れあがり、痛みを伴うようになります。

「粉瘤」の原因は?
 毛穴から発生する、こすれやケガなどによって皮膚の下に皮膚の一部分が取り残されたところから発生するとされていますが、はっきりとした原因はわからないことが多いです。手のひらや足の裏の場合はイボウイルスや外傷が関与していることが多いようです。

「粉瘤」ができやすい場所は?
 皮膚があるところであればどこにでもできることがあります。できやすい場所としては頭、まゆ毛、耳たぶ、耳の裏、頬、わきの下、背中、お尻などがあります。肌質や皮膚の局所免疫が関与していることがあり、その場合は多発することがあります。

「粉瘤」の治療は?
 治療は皮膚の下の袋状になった部分を摘出する手術になります。
 粉瘤は良性腫瘍に分類され、症状は感染しない限りしこりを触れる程度になります。しかし、自然に小さくなり治ることはなく、ゆっくりと大きくなっていきます。また、感染すると赤く腫れて痛みの原因になるだけではなく、急激に大きくなり、腫れた部分が皮膚の下で傷あとになるため、手術の切開範囲が大きくなります。感染の程度によっては、皮膚を切開して膿を出し、落ち着いてから摘出手術を行わなければならないことがあります。また、極めてまれですが、粉瘤が癌化した報告があります。手術後の処置などにかかる負担や傷あとのことを考えると、感染する前に切除するとよいでしょう。

「粉瘤」治療のポイント

  • 粉瘤は皮膚でできた袋状の良性腫瘍。
  • 自然に治ることはなく、ゆっくりと大きくなり、感染することがある。
  • 感染していない状態で、なるべく小さなうちに袋を含めて切除することが望ましい。

次のコラムへ

前のコラムへ

院長コラム一覧へもどる

Get Started

形成外科・美容外科・美容皮膚科

原口クリニック

福岡市博多区博多駅東1-12-5
博多大島ビル3F

<専用フリーダイヤル>

0120-016-460

ページの先頭へ