1. ホーム
  2. 院長コラム
  3. 若返り術に用いる注入材料 Part.2

院長コラム『Dr.原口のご存じですか?』

若返り術に用いる注入材料 Part.2

各種の医療現場で活用されている薬剤
ボトックスは美容外科でも効果を発揮します!

「注入療法」と呼ばれる治療法のなかで、コラーゲンやヒアルロン酸とともに注入剤として使われているものに『ボトックス』があります。ボトックスは、1989年にアメリカで眼瞼痙攣や斜視治療への使用が認められて以来、各国でさまざまな医療への適応が承認されてきている薬剤です。神経毒素のひとつであるボツリヌス毒素をもとにつくられるものですが、神経筋接合部に働く特性から、美容外科を含めて各種の医療場面で有効に用いられています。

筋肉の動きを抑えて、表情の変化で刻まれるしわを抑制します!
ボトックスの注入によって、神経から筋肉に指令を伝える伝達機能が抑えられ、筋肉の動きは緩慢になります。筋肉の動きの鈍化は、顔の表情の変化も鈍らせることになり、結果として表情じわの発生を抑制することに。このボトックスの特性をいかして、しわの改善、若返り効果の実現を目指すのが『ボトックス治療法』です。
その性質から、筋肉の動きによって刻まれるしわに特に有効と考えられており、額部や眉間・目尻・下眼瞼・顎などの部位の治療に用いられています。

ボトックス治療 側面からポイントをチェック!

  1. 効果の持続期間、どれだけ続く?
    ボトックスの治療効果は、通常は約3ヶ月~6ヶ月ほど持続します。若返り治療で比較されるコラーゲンと同様、効果がなくなれば追加治療が必要になります。
    アレルギー反応を起こさないために、注入治療前に皮内テストを行うことが必要です。
  2. 治療による副作用はありますか?
    ボトックス治療によって起こる副作用をあげるとすれば、治療部位の過度の筋力低下や、注射液の拡散による周辺部位の筋力低下などが考えられます。ただし、これらの副作用は長期間続くものではなく、ボトックスの効果が薄れるに従い消滅するものです。
    施術には細心の注意が払われますので、このような副作用の心配も実際はごく軽微なものです。

ボトックス その他の美容外科治療での使用例
その他の美容外科治療での使用例
しわ治療のみならず、ボトックスは近年美容外科のさまざまな分野で治療に用いられています。
代表的なものが多汗症の治療で、わきの下などの神経系を弛緩させることにより発汗しすぎる多汗症の症状を改善します。
腋窩多汗症では1回の治療で約2~8ヶ月、手掌多汗症では約3~12ヶ月の効果が期待できます。また、多汗症の治療の他、顔のあご・エラ部分の筋肉を萎縮させて小顔に見せる美容療法等にも用いられています。

次のコラムへ

前のコラムへ

院長コラム一覧へもどる

Get Started

形成外科・美容外科・美容皮膚科

原口クリニック

福岡市博多区博多駅東1-12-5
博多大島ビル3F

<専用フリーダイヤル>

0120-016-460

ページの先頭へ