1. ホーム
  2. 美容外科~シワ・タルミ

美容外科~シワ・タルミ

『昔はぱっちりした二重だったのに、最近奥二重になって眼が小さくなってきた』
『眼の周りの小ジワが気になる』
『眼の下のタルミや膨らみが目立って疲れて見える』

これらは瞼の皮膚のタルミによるものです。
上瞼がタルむと二重の幅が狭くなり、眼が小さくなった印象を与えます。特に外側がタルむと眼が三角様に見え、視野も狭くなり、ひいては目を大きく開こうとする事でおでこに皺を作る原因にもなります。
これらは元々の二重の線を利用し、タルんだ皮膚を整理する事で若々しいぱっちりした眼を取り戻す事が出来るのです。手術のキズ跡も二重の線と同じですから目立ちませんし、おでこへの負担もなくなるので皺を寄せる事もなくなります。

下瞼の小ジワやタルミも皮膚のタルミが大きな原因ですが、膨らみは脂肪の突出が原因です。膨らみがある事でその下がくぼんだ様に見えるため陰が出来、クマのようになって疲れた様に見えるのです。
治療は膨らんだ所を引っ込めるか、くぼんだ所を膨らませるかになります。
当然タルんだ皮膚は整理するのですが、まつげのすぐ下を切開するためキズ跡は目立ちません。この時皮膚を取る方向を誤るとアカンベーの状態になりますので注意が必要です。
膨らんだ部分は原因の脂肪を適量除去あるいは脂肪の袋を引き締める事でスッキリとなります。逆に皮膚のタルミはないがクマが気になる人はくぼんだ所を膨らませます。
これにはコラーゲンなどを注入したり、ご自身の余分な脂肪を注入してボリュームアップする事で改善します。その他いろいろな治療を組み合わせて状態に応じた適切な治療を行うのです。

Get Started

形成外科・美容外科・美容皮膚科

原口クリニック

福岡市博多区博多駅東1-12-5
博多大島ビル3F

<専用フリーダイヤル>

0120-016-460

ページの先頭へ