1. ホーム
  2. 形成外科~巻き爪

形成外科~巻き爪

巻き爪は爪自体が丸く変形した状態で、陥入爪は爪の変形や指に対して爪が大きく爪が横の皮膚にあたり、痛みや炎症を起こした状態です。

巻き爪の変形には爪の下にある骨が関係しているため、治療は爪の下の骨を平たく削り、丸く縮まった爪の下の皮膚をまっすぐに伸ばす手術になります。(当院では巻き爪に対するワイヤー治療は行っておりません。)

陥入爪は爪の一部が爪横の皮膚にあたり炎症や感染の原因になっているため、皮膚にあたる範囲の爪が生えなくなる治療を行います。

軽度のものではあたっている部分の爪をきり、塗り薬などで炎症を改善させて、新たに伸びてくる爪が皮膚にあたらない状態を維持できるようにします。

炎症を繰り返したり、痛みが強い場合は爪の奥深くにある爪母と呼ばれる部分を切り取って皮膚にあたる部分の爪が生えてこなくなる手術を行います。

巻き爪

ページの先頭へ